KOICHI FUTATSUMATA STUDIO(二俣スタジオ) 開設

このたび、二俣公一の家具/プロダクト/オブジェクトに関するデザイン活動について、新たに”二俣スタジオ(KOICHI FUTATSUMATA STUDIO)”として独自に発信してゆくことになりました。これまでどおり、インテリア/建築などの空間デザインに特化し活動する「ケース・リアル(CASE-REAL)」についても、二俣とそのメンバーや設計パートナーによって変わらず活動してゆきます。なお、活動拠点(福岡/東京)は共有しておりますので所在地に変更はございませんが、ウェブサイト/メールアドレス/電話番号についてはそれぞれ専用となりますので、各ウェブサイトにてご確認下さい。

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA) 永久所蔵

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)のアーキテクチャー&デザイン部門にて、二俣がデザインを担当し、EK JAPANから発表した真空管オーディオアンプ22[tu:tu:](2009)パーマネントコレクションに選出されました。先日、同美術館で行われたディーター・ラムズ氏の回顧展/Less and More.展での招待展示がきっかけとなった選出です。

  • 20111129

Less and More. / SFMOMA

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)で開催される展覧会”Less and More./The Design Ethos of Dieter Rams”に二俣がデザインを担当した真空管オーディオアンプ22[tu:tu:](EK JAPAN)が展示されます。ブラウン(BRAUN)製品を中心にディーター・ラムズ氏のデザインしたプロダクト200点以上と、更に氏によって提言された”良いデザインの10か条”をベースにキュレートされた現代のデザイナーによる最新のプロダクトデザインが紹介されます。

Less and More./The Design Ethos of Dieter Rams展
会期:2011.8.27 – 2012.2.20
会場:サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)
ウェブサイト:http://www.sfmoma.org/exhib_events/exhibitions/434

  • 20110817

D&AD Awards 2011

世界的なデザイン・広告賞D&ADアワード(2011)のプロダクトデザイン部門で二俣がデザインを担当した真空管オーディオアンプ22[tu:tu:](EK JAPAN)が、NOMINATIONSを受賞しました。

  • 20110629
«...34567